クレアチンは筋トレにどう関係する成分なの?

クレアチンという成分について。
筋肉トレーニングに効果的な成分といえば、タンパク質です。そのため、タンパク質を摂取するために、筋トレをすると同時にプロテインをたくさん飲んでいる人も少なくないでしょう。
しかし筋肉を効率よく大きくするためには、タンパク質だけではなくクレアチンを摂取するのがおすすめなんですよ。

クレアチンってどんな成分?

クレアチンというのは、負荷の大きな運動を長時間行うことをサポートすることができる成分です。スポーツはもちろん、筋力トレーニングを行っている人が、少しでもパフォーマンスをアップさせるため摂取するべき成分なのです。

クレアチンは筋肉の増加や筋肉量のアップ、そして瞬発的なパワーの持続力を高めることができます。
つまりクレアチンを摂取することで、パワー系のスタミナをアップさせることができるだけでなく、一瞬で出すことができるパワーを最大限にまで引き出すことができるんですよ。

このようにクレアチンというのは筋肥大を目的とした場合、とても高い効果を期待することができる成分なのです。
クレアチンが筋肉に栄養分をしっかりと引き込むことによって、筋肥大を大幅に促進します。

クレアチンは多くのアスリートも摂取している成分

クレアチンという成分はプロのスポーツ選手はもちろん、アマチュアの選手の間でも幅広く利用されている成分になります。世界的な大会に出場をするくらいのトップアスリートの大半が、このクレアチンを摂取している、ということもこの成分の効果の高さを物語っているのではないでしょうか。

激しい運動が継続して行われると、筋肉のスタミナや瞬発力といったものは間違いなく低下していきます。
そして、筋肉疲労を感じるように人間の体はできているのです。

体内におけるクレアチンの量を増加させることによって、筋肉が疲労を感じるまでの時間を長くすることができるんですよ。

クレアチンという成分は何に含まれているの?

クレアチンという成分は、肉や魚に豊富に含まれている栄養素ではありますが、筋肉に効果を期待するためには1日に約5グラム程度のクレアチンを摂取しなければなりません。

クレアチンを食品から摂取するとなると、肉であれば1kg摂取しなければなりませんし、魚であれば500g摂取しなければならないのです。
肉にしても魚にしても、これだけの量を1日に摂取するというのは非常に難しいですよね。

そういうことからも、クレアチンはサプリメントを利用して摂取するというのがオススメなのです。

クレアチンを摂取するのであれば、できるだけ体内のクレアチン量が最大値になるように、摂取する必要があります。1か月間毎日継続して3gから5gのクレアチンを摂取する、というのが理想的です。

クレアチンは副作用のある成分なの?

クレアチンの成分に副作用があるのか、疑問に思われる方もいると思います。
クレアチンサプリメントを摂取することで、肉体的なトラブルが引き起こされる、という心配はありません。

先ほども申し上げたように、クレアチンはもともと肉や魚に含まれている天然の成分だからです。トップアスリートも摂取している成分ですので、ドーピング検査などにおいても引っかかることはありませんよ。

ただし、一度に必要以上に過剰摂取した場合には、副作用が引き起こされる可能性があります。
例えばクレアチンを過剰摂取してしまうと、尿の量が増えることがありますし、筋肉がつりやすい状態になることもあるのです。

これは、筋肉内におけるカルシウム密度を高めてしまうからです。
しかしこれこそ筋肉のパワーを高める要因ともなっていますので、必ずしも悪いことではありませんが、マグネシウムが同時に不足してしまいますので筋肉に負荷がかかり足がつりやすくなります。

そのため、クレアチンをサプリメントなどで摂取するのであれば、普段よりも意識をしてたくさん水を摂取するようにしてください。
そうすることで、足がつりやすくなるなどといったトラブルを回避することができますよ。

筋肉アップ成分紹介へ戻る

投稿日:

執筆者: