筋トレで変わる!腹筋するならバルクアップHMBプロ!その2

「逞しいお腹にしたい!」

腹筋など筋トレの前後にバルクアップHMBプロを飲む。これが大切ですが、逞しい腹筋をと思ったら有酸素運動の後に腹筋運動を行いましょう。そして運動後にバルクアップHMBプロ。これも忘れない様にしましょう。

なぜ腹筋の前後で効果が変わるのかというと、筋肥大が関係しています。腹筋に限らず、筋トレとは筋肉を傷めつける事です。痛めつけられた筋肉が回復すると、痛められる以前よりも成長するのです。この超回復を筋肥大と呼びます。その際、バルクアップHMBプロなど栄養成分豊富なサプリを摂取する事でより強靭な筋肉へと進化させる事が出来ます。

筋トレで腹筋を鍛える時有酸素運動は?

筋トレに対して、有酸素運動は控えるのがベスト。有酸素運動は筋肥大を抑えてしまうからです。つまり、筋トレ後に有酸素運動を行うと筋肥大が鈍化します。決して筋肉がそのまま回復しない訳ではないのですが、筋肥大よりも脂肪燃焼効果の方が高まるのです。

一方、有酸素運動の後に筋トレを行うと、トレーニング直後から開始される筋肥大を止めるものがありません。結果、筋力が膨らむのです。
有酸素運動の順番によって効果が変わりますので、どの様な腹筋になりたいのかによって有酸素運動の順番も変わるのです。

筋トレで腹筋を逞しくする方法は?

腹筋は筋トレの一種です。その後にバルクアップHMBプロを飲む事によって効果も変わってくるのはその為ですが、痩せたいのか、逞しくなりたいのかによって腹筋の方法も微妙に変わってきます。

痩せたいのであれば先にもお伝えしたように、自重での所謂「クランク」と呼ばれている起き上がる運動で十分なのですが、逞しい腹筋を目指しているのであれば自重では少々負荷がかかりません。その為、器具を利用すると良いでしょう。

器具や重量を使用した腹筋によって腹部への負担をより高めます。高い負荷の方が筋肉に大きな負担になりますので、その分筋肥大も起きやすいのです。

バルクアップHMBプロの効果もより高まりますので、逞しい腹筋を目指している人は重り等を活用して腹筋に自分の体重以上の負荷をかけましょう。

筋トレで腹筋を変える方法について最後に

腹筋、そしてバルクアップHMBプロ。これらによって強靭な腹筋が手に入るのは間違いありませんが、腹筋に限らず筋トレは継続力がとても大切です。一日だけ行うのではなく、継続して行う事によって日に日に理想の腹筋へと近づいていきますので、コツコツと励みましょう。

バルクアップHMBプロについて

投稿日:

執筆者: